失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

06年1月29日(日)
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

4年目を迎え一人ビジネス期に突入

皆様に、ご報告。

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

06年1月29日(日)

皆様に、ご報告したいことがあります。

「のむてつ、人材育成の仕事を【辞める】ことに致しました。」

皆様に謝らなければなりません。

自分のHPにも「ちゃろいもんだぜ!」と謳いながらも、語学学校ではパートナーとのことで失敗、引き続き始めた人材育成も、今回見切りをつけてしまう(=失敗2回目)。

「全然ちょろないやんけ(怒)」

と思われてしまうかもしれません。この点は、ここに素直に認めます。

「そんなにちょろくなかったです。スンマセン」

やっぱ、日本帰ろかな…

今回、本気で帰国を考えました。もう一度教員に戻ってもいいかな、と。今の自分なら、教員やっても何か特別なことができるのでは…いっそ別の国に行くのもいいかもなぁ。ベトナムなんか面白いかな。またそこでHP作って…♪

「いや、それは、『逃げ』でしょ」

ガツーンと殴られた感じでした。実は今日、ある方と話をしていて、ガツーンと言われたんです。


「中国に来ている時点で、『逃げ』てるんだよ、実は。日本で成功できなかったからでしょ。日本で成功できるんだったら、中国には来なかったはず。逃げて来たんだよ。まずは、それを認めなきゃ。逃げて来て、こっちで成功しようって思ってるんじゃん。で、のむてつさん、2回目の逃げは、ないよ」


まったく反論できず…


今回、この1ヶ月、冷静に自分のことを振り返ってみたんです。で、一つ、気づいたことがありました。

結局、語学学校のときにしろ、人材育成の仕事にしろ、結局は、自分でケツを拭える状態で、やっていなかった。

つまり、パートナーを頼りにやっていたにすぎなかったんです。

自分では責任を取れない状態。だから、本当に決断すべきときに、『自分が離れる』という選択しかできなかった。

これは、結局は、『起業気分』を楽しんでいただけで、本当に責任を持って起業していなかったんだ、ということなんですよね…

以上、現状は、こんな感じです。

ですので…


のむてつ、腹をくくって出直します。


改めて、語学教育の分野で『自分で』事業をやっていきます。

3年前には、一人でできなかった語学事業にリベンジしたいと思います。

日本人で語学学校ができるかどうかは、改めて法律関係の調査が必要など、道は決して平坦ではありませんが、やっぱり好きな語学事業でやっていくことにしました。

3ヶ月間悩んできましたが、決めました。やっと抜け出せた感じです。

おっしゃ、やるでぃっ!!

記念すべき、旧暦1月1日に決意。

のむてつ


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

4年目を迎え一人ビジネス期に突入MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX