失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

05年4月18日(月)
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

新オフィスで中国3年目に突入

日本で印象について考える

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

05年4月18日(月)

やっぱり日本に来て良かった!日本のサービスの良さを満喫しております。

携帯ショップのおねーちゃんも優しかったですし、カレーうどん屋の女の子も頑張ってました。

でも、です。

東京への移動中、乗った新幹線に、平気で電話をするオヤジ。しかも、何回も何回も。

考えてしまいました。

同じ車両には、少なくとも50人乗っている。その中で、1人のマナーが悪いだけで、「あ、日本だって、マナーよくないなぁ…」と感じる。

人の感じる印象って、マスコミの報道とちょっと似ていると思いました。

目立つ部分に反応する。

全体が普通でも、一点だけ、すごく感動すれば、それは、「すごく良い」という感想になるし、

逆に、一点だけでも悪い部分があれば、「良くなかった」という感想になる。

そりゃそうですよね。全体を平等に配分したものを、人間は感じるわけではなくて、どうしても特別なもの(異質なもの)に目が向いてしまう。

だから、それがたとえ全体のごく一部であっても、平均値では、たいした影響力がないとしても、印象としては、特別なものが全体の印象を決めてしまう。

50人の中の一人のオヤジが、車内で平気で電話をすることで、「日本=マナー悪い」となってしまう。

こわいな、と思いました。外国との関係は、さらにこの傾向が強い。だって、普通の部分が伝わりにくいから。印象って、怖いですね。

じっくり本物を確認できないとき、人への印象って、すごく良い部分と、すごく悪い部分の単なる引き算になってしまうんですね…

こわいこわい。


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

新オフィスで中国3年目に突入MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX