失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

05年4月17日(日)
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

新オフィスで中国3年目に突入

教え子の結婚パーティーで再会

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

05年4月17日(日)

今日は、教え子の結婚披露パーティに招待されました♪

そこで、ラッキーなことに、教員時代に尊敬していた先生と再会。

その先生、担任だったわけでもないのに、このパーティーに参加しているのも、やはりわけがあるんです。

なんと、この先生、1年で600件の家庭訪問をしたという伝説の先生なのです。

そのフットワークの軽さから、私のような若い教員よりも、ずっと生徒の情報も、生徒の心もつかんでいた人。

パーティーで、私が、話をしたんです。

学校にいるときは、自分は親と交流するのが苦手だったこと。でも、それが、学校を辞めて、自分で仕事をするようになって、初めて、人とのつながりで仕事が回る、人とのつながりで社会が回っていることを知りました、と。

すると、その先生は、教えてくれました。

先生も、30才くらいから、だんだん親と話をすることの重要性を感じるようになった、と。家庭訪問の楽しさもわかってきて、30代、40代、50代、それぞれに、親との接し方も、変わってくること、などなど。

また、面白かった話は、これでした。

深く家庭環境を知るようになると、生徒を頭ごなしに叱れなくなった。子供には、どうしようもできない事情があって、それが、たまたま学校や外で吹き出ているだけ、というのがわかってしまうから。

やはり、教育というものは、奥が深いことを再認識です。つくづく、人生における人間関係の重要さがわかる話です。

私が、また、聞きました。

最近、学校は、どうですか?

「落ち着いてきたよ。でも、同時に元気な子、やんちゃな子がいなくなってね。だから、教師と生徒との会話が少なくなりつつある。頭ごなしに叱るだけで、生徒が言うことを聞くから。でも、そのぶん、実はストレスになっているのかも知れないね…」

私が、最近、新入社員研修の仕事をしていることを話すと、意外なところで共通点を見出すことができました。

それは、

入学式のときの「つかみ」。

その先生、

楽しそうに話すんです。

「正担任が、入学式のときに教室に来れなくてね。『こりゃいいや』と思って、副担任の僕が言って、僕の色に染めてやれ、と思って、新入生たちとじっくり話をしたんだよ。生徒たちって、入学式のときなんか、すごく、期待と不安でいっぱいなわけだよね。そんなときに、いろいろ話を聞いてあげると、生徒も、「おっ、コイツは、話をわかってくれるぞ」と思って、安心して、新しい学校生活をスタートできるわけ。これだけで、全然あとの3年が違ってくるからね。『この学校でよかった!』と思わせられるかどうか。この違いは、大きいよ。

この考え方って、今、自分がやっている、企業の新入社員研修と、考え方が全く一緒だったんですっ!!

教師にとっては、毎年の一行事でしかない入学式。でも、生徒にとっては、人生唯一の機会。教師の接し方ひとつで、学校のイメージが決まる。

上司にとっては、毎年の一行事でしかない新入社員研修。でも、新入社員にとっては、人生唯一の機会。上司の接し方ひとつで、会社のイメージが来まる。

教師も、上司も、人生唯一の機会に、彼らが持っている期待にどれだけ応えてやれるか。

第一印象が決まるその大事な時期に、期待に応えてやれば、そりゃぁ、イキイキ動くようになりますよね。

やはり、基本というものは、シンプルなわけで。国、年齢などに関わらず、共通なんですよね!!

ちょっと嬉しかったです。


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

新オフィスで中国3年目に突入MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX