失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

05年11月2日(水)
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

新オフィスで中国3年目に突入

上海、嫌になること、元気が出ること

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

05年11月2日(水)

久しぶりに、宅配コーヒー屋のhi-cafe氏と、企画コンサルタントの上海ドリーム氏と食事。

hi-cafe氏は、コーヒーの宅配から進展、ついにコーヒー店を開店するということで、どんどん進歩している模様。

ドリーム氏は、相変わらずの情報通ぶりで、新規開店や閉店の情報に詳しい。

ド「あそこは、開発地区に当たっちゃって、今、立ち退きを迫られているんだよ」だとか、

ド「上海での飲食店を営業してる人って、ほんとよーやってると思うよ」などと、暗い話。

hi-cafe氏の話ともあわせると、結局、多くの進出してきた日本人が、「日本ではありえない!」というようなことが原因となって、縮小、閉店にまで追い込まれていることもあるそうな。

じゃあ、飲食店が苦労するその多く場合の原因って何?と質問すると、ズバリ、「又貸し」と。

実は契約するときに、本当のオーナーと自分の間に、何人も入っていることが多いんだとか。で、ひどい場合は、又貸してされていることも知らないこともある、と!!(紹介している不動産屋も知らなかったり。苦笑)

そんなふうに、少し気分の浮かない話を序盤は、しておりました。

「でもさ。やっぱり上海はオモロイんよ」と、ドリーム氏。

聞いてみると、最近すごく興味を持っている人が、2人いるんだそうな。それが、両方とも我々と同い年くらいで、自分の会社を上場させることを目指している。

そして、2人の特徴は、それを皆の前で公言してしまっていること。

そして、そして、考え方は、「達成するのは当然なんだから、 あとはどうやったらいいか考えるだけ」と、一歩も引かないこと。

で、さらには、その目標に向かって短期的な結果が出つつある。

「そんな人がまわりに2人もいるって、やっぱり上海ってオモロイよ」というのが、最近のドリーム氏の感想。

なんか、聞いていて、ムズムズしてきてしまいました。

「じゃあ、自分はどうよ?」

のむてつ、心の中で、何回も。ただ食っていければいい、という目的で上海に来たわけちゃうやろ、と。

最近、なんか、余裕かましてたんちゃうか?と。なんか、勝手に満ち足りてたんやうか?と。最近、動きが遅かったので、少し反省。


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

新オフィスで中国3年目に突入MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX