失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

05年4月22日(金)
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

新オフィスで中国3年目に突入

メール活用法

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

05年4月22日(金)

師匠が今ノリノリのIT関係の会社で研修をやるようになって、驚いたことがあった、と話してくれました。

それが、メールの活用法。殺人的なスケジュールをこなす彼らは、メールの使い方も少し違うそうなんです。

ITに限らず、仕事慣れしている人は、まず、メールの返答が早い。「仕事は止めるな、必ず回せ」プロジェクトビジネスでは、仕事を止めることは、不利になる。

1日以上は、メールボックスに溜めない。毎日、メールボックスを空にして帰るんだそうな。空にすることが、仕事終了。毎日終えるから、ラクになるんだそうな。

メールを書くときも、コツがあるそうです。すごい文章を書こうとするから、返事が遅れる。一回メールするときは、5、6行で済ます。

多くてもスクロールさせないで済む分量しか書かない。だから、書くことがストレスにならない。スクロールが必要な分量なら、それを書いているうちに、2回も3回もメールができる。

それを溜めてしまうことが、問題。

そういうスピード感で、仕事をするから、会社も成長していくんですね。

師匠が、付け加えました。

「ただ、そういう人たちは、こっちにもそのスピードを求めてるから、注意して付いていかなきゃいけないよ。返事は、『今から読みます』でもいいから返すこと。その会社の人も言ってたよ。『部下だけではなく、クライアントさんにも、そうしてもらう。すると、みんながラクになるんです』って。」

部下って…あ、俺のことか(笑)。ハイ、今日から、そうしますですっ!!


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

新オフィスで中国3年目に突入MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX