失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

05年1月26日(水)
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

人との出会いが充実した2年目

元気ないのは、日本じゃないでしょ?

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

05年1月26日(水)

「上海って、活気があるから、来たんです!」と、上海に来たばかりのときは、よく言ってました。

でも、最近、いろんな場面で、「違うかも…」と思うことが続出。

要するに、「日本も元気なところは、元気じゃん!」と感じることが多くなってきたんです。

中国って、やっぱり、工場にしても、お店にしても、田舎から出てきた若者が安い労働力として働くから、ビジネスとして成り立っている。

でも、これっていうのは、本当のビジネスモデルとして、競争に、もまれているわけじゃない。

工夫しないと売れない、とか、サービスが良くないと客が来ない、とかのレベルで戦っているわけじゃないんですよね。

ただ、ただ、コスト(人件費)が安いから、競争力がある、というだけで。

で、反面、日本の頑張っている企業の話を聞くと、メーカーならメーカーで、本当に技術の面で中国に追いつかれる危機感があるか?というと、そうでもない様子。

人をたくさん使って作る製品は中国、機械で作れてしまうもの、本当に職人的な技術が必要なものは日本、という棲み分けが出てきているだけ。

私が少し足を突っ込んでいるネットの世界も元気良い。要は、売り方が変わってきただけ、という感じで、売り方が上手いところは、ガンガン儲けている。

では、今、研修の仕事で関わっているサービス業はどうか?

実は、ちょっと最近まで、日本のサービス業に危機感を感じていたんです。中国と比べて、ですよ。

上っ面の愛想の良さや、立ち回りなどの技術にこだわりすぎている日本。中国人の持っている『人懐っこさ』に、負けてしまうんではないか、と。

ところが、ところが。

今日、師匠から聞いた話によると、厳しいサービス競争にさらされている日本にとっては、『サービスは、接客だけではない』。他の部分に、様々な工夫がある。あの手この手で、お客さんを呼び込む!楽しませる!工夫している企業がいっぱいある!

な〜んだ結局、

『元気ない』のは、暗い記事に、流されていた自分だったんですね。


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

人との出会いが充実した2年目MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX