失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

05年2月27日(日)
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

人との出会いが充実した2年目

やりたい職業って、必要?

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

05年2月27日(日)

「俺、やりたいことが、ハッキリしてないのがダメなんッスよ…」

上海に来てくれた教え子の言葉です。これは、教員をやっていたときから疑問だったんですよね。

やりたい職業がハッキリしていることは、幸せか?

たしかに、目標がハッキリしているほうが、努力は、しやすい。でも、その目標を達成し、なりたい職業についてしまってから、必ずしも、幸せになっていないような気も、する。

あるスチュワーデスさんに、聞いた話。

女の子の憧れの職業ですから、当然、第一希望として目指して来た人が多いですよね。でも、ちょっと質問してみたんです。

「どんな人が、仕事を長く続けるんですか?」

すると、答えは、こうでした。

「淡々と仕事をこなす人。」

働く前から、その職業のイメージを勝手に作っちゃった人は、そのイメージと現実のギャップに悩むことが多いそうなんです。

広告代理店の方からも同じような話を聞いたことがあります。

そういえば、教師も同じような話があったなぁ…。

職業という軸で考えるよりも、『好きな分野』だとか『好きな活動』で考えた方がいいのかもしれないですね。

私の場合は、『教育』『人に会うこと』『人から話を聞くこと』『新しいことを試すこと』などを中心に考えていたので、学校の教員にこだわる必要がなかったわけで。

ある職業に就きたい!と思ったら、その職業の何の部分に惹かれたのかを考えるようにさせると、他の道も見えてくるのかもしれませんよね。

上海って、特に、職業の垣根が低いからそう思うのでしょうかねぇ(笑)。


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

人との出会いが充実した2年目MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX