失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

ある人気職業の女性から聞きました。
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

中国で人材育成トレーナー修行

生きる力って?

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

ある人気職業の女性から聞きました。


今の仕事を辞めて、留学しようかな。今の仕事を辞めて、専門学校に行こうかな。


同じようなことで悩むんですね〜。私も経験があります。仕事を始めて3年目。ン十万もする『米国公認会計士講座』に申し込んで、今は実家にダンボールの山がそのまま…(涙)。あれを申し込んでいなければ、今頃は、もう少し楽な生活が…

あ、いやいやっ、そんなことをグチろうと思ったのではなくて(笑)、原因を考えてみたんです。どうしてそういう方向に走ってしまうのか。きっと、これではないでしょうか?

『今やっていることでは、将来に不安を感じるから』だから、留学や資格などに飛びつきたくなる。イメージしやすいんですよね、留学や資格って。

「能力があるぞ」ということがわかりやすい。それを取っておけば、人生が安泰のような気がする。

でも、実際は違う気がしたんです。実は、もっと近くに大切なものがある。気づいていないだけで。

その大切なものとは、『資格のような形では計れない、 仕事をしながら身につく能力・技術』。

私は、教員を辞め、違う仕事をしてみて、初めてわかりました。自分がやってきた仕事が、他の仕事において、どう役立つのか、ということ。

まさか、毎日書いていた学級日誌が文章のトレーニングになって、中国でのビジネス展開の鍵になるとは、思ってもみませんでしたからね!(笑)

その他、部活の指導、学級運営などなど、いろんなところで役立ちましたもんね。しかも中国でも。

私の場合は、辞めてから気づきましたが、このようなことを、辞める前から意識することができていたら、きっと、また違う意欲を持って働くことができたと思います。

「この仕事は、この能力を鍛える意味があって、 その能力は、他の仕事のこの部分にも役立つんだ」と。

ただ今だけの仕事ではなく、『人生において役立つこと』と思えば、絶対にしっかりとやりますもんね。

ただ、そのような能力をどうやって分類するかが、問題。元進路指導教師としては、何とかわかりやすい形で若い人に伝えてあげられたらなぁと思っていたんです。

ところが、なんです!

偶然、ある方から薦められた本がそんな内容だったんです!

『仕事のための12の基礎力 』

 大久保幸夫著  日経BP

面白いです〜、この本。どの仕事ででも必要とされる12の基礎力が、習得すべき年齢別に書いてあるんです。

学校現場でよく言われていたんですよ、『生きる力』って。あ、でも、役人が言っているのは、なんだかよくわからない玉虫色の表現でした。

でも、この本は具体的で、大変よくわかります。人生において身につけるべき力をハッキリさせること。

これは、転職が多いこの時代の一つの指針となり、とても重要なことですよね!これにプラスして、自分の好きな分野を絞り、その分野での基礎となる力を考え、身につけるようにすれば、きっと鬼に金棒。

あ〜、教師のときに、こんな感じで高校生に説明できていたら、よかったのですが…。

いやいや、後悔しててもしょうがない。これから、人材トレーナーとしての仕事で役立ていけばいいんですよね。

よし、頑張りたいと思いますっ!!


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

中国で人材育成トレーナー修行MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX