失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

レジャ研@所長さんに、本格的に弟子入りします。そして、一流の人材トレーナーを目指しますっ!!
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

中国で人材育成トレーナー修行

弟子入りしますっ!(人材トレーナーへの道その1)

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

レジャ研@所長さんに、本格的に弟子入りします。そして、一流の人材トレーナーを目指しますっ!!

教員をやっているときから、思っていることがあったんです。

「自分が教えている受験英語は、本当に生徒を幸せにしているのか…?」

もともと自分が、超実学志向なので、「知っててよかった♪」と思わせるような内容を教える仕事をしたかったんです、ずっと!

それが見えてきた気がするんですよね。あの、所長さんの教え子たちの笑顔。当然、中国人の子たちの、ですよ。

「せんせー、担任のときは迷惑かけたねぇ」の笑顔も嬉しいのですが(笑)、「ホンモノを教えてくれて、ありがとう」という感謝の笑顔を経験してみたい。ということで、中国での人材教育事業、頑張りますっ!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人材トレーナーへの道 その1

★教育だけで解決しようとしてしまうのは、ダメ★

研修を行う側の人間になると、ついつい、「教育だけで社員のやる気を出させられる」と過信しがち。でも、実はそうではない。

社員のやる気が出ない原因は、外側にある場合もある。

単純に、給料を上げればやる気が出るかもしれないし、社員旅行、制服の新調、キレイな更衣室、自分用のロッカー、広めの事務所、イヤミっぽく言わない上司(笑)…

「人間が元気になるのって、何があるんだっけ?」と考える視点を持つべし。

★感想★

「教育は生モノを扱うから…」と言われる理由は、こういうことかもしれないですね。外的要因と内的要因が両方そろったときに初めて、良い雰囲気、良い循環が出てくる。学校も同じでしたね、うん。


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

中国で人材育成トレーナー修行MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX