失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

04年6月5日(土)
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

のむてつ復活&本出版

アナログ的使用

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

04年6月5日(土)

今後の私の方向性として、インターネットの比重を高める必要があるので、インターネットでビジネスを展開している方と、お会いました。

お話をした中で、印象的だったのは、この言葉。「インターネットの世界はアナログに戻りつつある」この『アナログ』には、2つの意味があるようです。

一つ目。

現在、インターネットで収入を得ている方のやり方は、大きく2つの方法に分かれるそうです。

1.インターネットの広がりを利用して、広く、すくい上げる。

2.インターネットは、きっかけとして利用。実際に会って、契約にこぎつける。

インターネットの世界だけを見ていると、どうしてもダイナミックな1の方法が目立ってしまいますが、やはり、メールやHPでは、実際に会うことの効果には、かなわないそうです。

実際に会ったり、電話したりすることも、依然として重要で、インターネットと組み合わせて使うことが効果的、という意味でのアナログ。

二つ目。

個人の日常のを書く日記(ブログ)が流行ってきている。反面、情報の羅列で、作者の『思い』の見えないHPは、便利であるものの、面白みに欠ける。

これをどう捉えるか? が、ポイント。客観的な情報は、便利だが、読んでいて面白くない。読者は、もっと共感できるものを求めているのではないか?

個人のポリシー、こだわり、熱意というものは、インターネットのない時代と、かわらず有効である、と。そういう意味での、アナログ。

なーんだ。

やっぱり答えはシンプルなんだ。

パソコンで情報を集めるのが、人間なんだから、人間臭い部分に魅力を感じてしまう、ということなんですね。

インターネットは、非常に強力な道具であるけれども、やはり道具なのであって、中心となる、人間的な魅力(熱意など)は、あいかわらず今の時代でも、重要である、と。

面白いですね〜。


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

のむてつ復活&本出版MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX