失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

「経営は独裁だっ!!」
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

のむてつ復活&本出版

経営は独裁だ!パワフル社長2

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

「経営は独裁だっ!!」

こうハッキリ言い切るパワフル社長。中国のパートナーとは、この点でも、同意しているのだとか。う〜ん、独裁‥‥‥

中国で、日本流のやり方を、中国人に有無を言わせず無理やり押し付けて、果たして上手くいくものだろうか‥‥

と、私は思ってしまいましたが、話を聞いていくと、ちょっと違うようです。『独裁』の使い方が少し違う。

社長曰く、

「ビジネスはタイミング。そのときに仕掛けないと、乗り遅れてしまう。だから、経営は独裁。ただ、全体の方向性は、常に社員にメッセージを送るよ。でも、最初言った時には、社員には理解できないことがある。理解できていない状態のときに、チャンスが来るかもしれない。そのときに社員からの同意を待っていては間に合わない。だから、経営は、独裁。でも当然、あとで納得できるようには、するよ。結果も含めて、ね」

「結果も含めてね」の一言が、渋いです‥。結果を出している人しか言えない言葉。私も早く言いたいものです。

ひとつ別のことで、疑問が浮かびました。ステップアップのためとして転職を好む中国人。彼らをどう会社につなぎとめておくか?聞いてみました。

「みんな、『自分が豊かになりたい』のは同じだよね。だから、こう思わせることができるかどうかじゃない?会社が豊かになる=自分が豊かになるこの考えが、社員の頭の中にあれば、残るよ。自分が豊かになるためには、まず会社を儲けさせることが一番の近道だ、という意識があれば、留まって頑張る。それだけのことだよ。あ、もう一つ重要なのはね、自分でやらせてみること。このやり方は失敗するだろうな、と思っても、やらせてみる。失敗すれば、経験になり、成長してくれるし、成功すれば、自信になる。だから、新たに挑戦して、出てきた失敗は、とがめないよ」

う〜ん、そうなんですね。聞いていると、あまり変わりがない感じがしてきます、日本での経営と、中国での経営。

実は、問題は、『会社(社長)の考え方を、どう社員に伝えるか?』ここにあるような気がしてきました。

日本人が中国で仕事をするときに問題となっているのは、結局この部分なのでは?日本ですら伝わりにくいものを、外国人にどう伝えて理解させるか、という問題。

この重要な課題を、少し日本語ができる現地の中国人に任せてしまったり、「中国人だから‥」と、あきらめてしまったりするから、上手く行かないのかもしれません。

そうか‥‥ここでもまた、答えは、シンプルなところに落ち着くんですね。

面白いもんです。


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

のむてつ復活&本出版MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX