失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

04年2月27日(金)
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

中国ビジネスの難しさ(語学学校から離脱)

夢が一つ、かないました♪

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

04年2月27日(金)

日本に帰ってきたということで、さっそく髪を切りに行きました。上海では、いまだに髪を切ってないんです。自分で切ったりしてます(笑)。

でも、3月1日は、教え子の卒業式。ビシッと決めていかないといけません。

さすがに、この『手作りカット』では、ダメですね(笑)。中国在住者のイメージが悪くなってしまいます!

ということで、今回は特別な方に、切ってもらうことにしました!

それは、なんと、3年前の卒業生!

前から夢だったんですよね。就職した生徒のところにお客さんとして、行くのが。その中でも、特に、美容師になった生徒に、髪を切ってもらうのは、特にあこがれだったんです(笑)。

「あのときはそんなこともあったね〜」なんて言いながら、切ってもらう。ああ〜、いいなぁ、いい(笑)。教師、至福の瞬間です。

ということで、そのような光景を夢見て、切りに行ってきました!!

「あっ!いらっしゃいませ!先生!」

「おーっす!」

ウキウキしているのを必死に隠して、しょうがないから来てやったぞ、という態度で椅子に座りました。

「先生、今日は、私が切ってもいいの?」

「当たり前やん。そのために来たんやから」

「どんな髪型にします?でもね、実はもう選んであるんですよ」

「おおっ!ほんまに?!」

「先生は、こんな感じがいいかなと思って」

(ちょっと感動‥‥涙)

「おおー、そうか!じゃ、これにして!あ、でもそうやなぁ、上海では切らへんから、少し短めで」

「わー、嬉しい!切り甲斐があるっ!大丈夫!短めでもできるよ。今朝もカットの練習してたんだ♪」

--------------

へ?練習???

--------------

副店長と呼ばれている男性が近づいてきて、笑顔で耳打ち。

「私が、最終的には手直ししますので」

うなずきながら去って行きました‥‥‥そして彼女が笑顔でダメ押し。

「私、3月から、カットデビューなんですよ。ウフッ♪」


‥‥‥はい、そうでした。練習台だったのです(笑)。


一応、聞いてみました。

「なあなあ、美容学校で、当然カットの練習はするんやろ?」

「美容学校は、国家試験を通るための勉強するところ。練習なんて、ほとんどないんです」

「ふ、ふ〜ん(汗)」

緊張の1時間でした(笑)。昔話も、お互いに、ちょっとうわの空(笑)。でも、彼女のためにも言っておきますが、最終的には、ちゃんとキレイにやってくれましたので(笑)。

「また、半年後、スーパー美容師になった私が、切ってあげるからね♪」

社会人1年目で、何もわからず、あたふたしていた自分を思い出しました。こうして苦労しながら、頑張っている子を見ると元気出ますよね。

今回は、いきなりの練習台ということでちょっとビックリしましたが、前向きに頑張っている彼女、応援したいです。

夢見ていた内容に、ちょっと変更が入りましたが、とても楽しいひとときでした。


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

中国ビジネスの難しさ(語学学校から離脱)MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX