失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

中国に関する情報って、良い情報と悪い情報が混ざっていて、「ほんとのとこはどうやねん?!」と思いませんか?
・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

私の中国進出(語学学校経営編)

1年前の語学留学がきっかけでした

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

中国に関する情報って、良い情報と悪い情報が混ざっていて、「ほんとのとこはどうやねん?!」と思いませんか?

『世界の工場』だの、『巨大市場』だの、『グレーター上海』だの、意味がよくわからないくらいすごい言葉が使われる反面、『金だけ持ち逃げされた』とか、『ワイロの横行』とか、『不衛生からSARS蔓延』とか、「やっぱり中国は危険だ」とも思える。

私もこれらの情報には振り回されました。

「中国の発展は信用できるのか?」

「中国で自分の人生を賭けていいものなのか?」

私の場合は、本気で中国を考えるまではこういう経緯でした。

初めて中国に来たのは、ちょうど1年前の、1週間の語学留学。それまでアメリカ、ヨーローッパなど、先進国しか行ったことがなかった私にとって、始めての上海は、かなりのショックでした。

街中では至るところで高層マンション建設中。古い町並みをどんどんつぶし、新しく綺麗な(派手な)街を作っており、昔の中国と未来都市が入り混じっている風景。

人々も同じ。意外にも街にはおしゃれな女の子が多いが、暑いのでTシャツをまくって腹を出したおっちゃんもいる。

また、驚いたのは勉強熱心さ。大学生は英語が話せて当たり前、日本語を勉強している人も多い。チャレンジ精神も旺盛で、約半数の人が、自分の会社を持つことを考えている。

一言で表現すると、『勢い』がある!!

私は、「ここで生活をしてみたい!」と思いました。

私が就職したのは、1998年。バブルも終わり、就職活動の焦点は「いかに潰れないところを探すか」という消極的なもの。

そんな私にとって、上海の勢いは驚きでした。この勢いのある上海を見て、私の気持ちは、「昔の日本もきっとこんな感じだったんだろうな」というただの感心から、「上海が世界の中心になっていくのを見てみたい!!」という願望に変わっていきました。

興奮していたんだと思います。授業中もその興奮は冷めず、中国語そっちのけで先生に中国の社会事情ばかりを聞いていました。

そのときです!素晴らしいタイミングで、私の人生を揺るがす発言が先生から出ます。

先生 「そんなに中国に興味があるなら、こっちで働けばいいのに」

私   「はい、そうなんですよ。働いてみたいんですよ。」

先生 「自分の国を外から見るって経験は、絶対良い経験になるわよ」

私   「はい、そうですよねぇ・・・。」

(留学経験の無い英語教師にはかなり響きました‥‥)

先生 「じゃ、一緒に学校を作りましょうか」

私   「はい、・・・・・え、えっーーー?!?!?!」

日本に帰国後、私はじっくりとこのことについて考えました。先生はとてもよい人。信用できる。やる気まんまん。

でも中国人。舞台は中国。良く知らない人に金を渡して日本人が騙される典型的なパターン。やっぱり決断はできません。

当時、私のまわりは保守的な人ばかりです。公務員を辞めることだけでも驚くのに、中国に行って会社を作るなんて言ったら100%、「お前はバカか!」と言われるでしょう。

結局、私は自分一人で考えることにしました。でも、新聞、本、雑誌、インターネット、いろいろと調べても、真実は見えてきません。

そして、1週間後。

「ごちゃごちゃ考えててもしょうがない。ダメなら逃げ帰って来ればいいや!」

これが私の中国進出決定の瞬間です(笑)。

でも、今になって考えてみると、日本では弱気な考えになるのも当然な気がします。マスコミで流れている中国情報はほとんど大企業向け。個人としては現実味がない。偉いコンサルティングの先生が素晴らしい分析をしていても、自分がやることとは金額が2ケタ以上違う。

また、中国は日本の25倍の広さ、10倍の人口、民族も様々。金持ちと貧乏人の差も激しい。日本では考えられないことが起こっても当然。でも、日本でのニュースは、そういう変なことだけ面白おかしくとりあげる。

本当に参考にしたいのは普通に現地でがんばっている人の声なんです。でも、中国で実際にビジネスをしている人や生活をしている人の

情報ってあまり発信されてないんです。現地から出てくるのといえば、ほとんどが「騙された!」という話。これでは判断できないのも当然だと思いませんか?

ですから、「せっかく自分がよくわからないまま中国に来たんだから、失敗するにしても成功するにしても、実況中継すれば面白いかも?」と考えてこのHPを始めました。

私個人の経験ですので、単なるひとつの事例に過ぎませんが、少なくとも、これから中国進出を考えている方の落とし穴の避け方の参考くらいになればと思います。

中国を良く理解し、楽しみながら中国で成功できたら最高ですよね!私はこれを目指して、頑張りたいと思います。

こんな話を最後まで読んでくださってありがとうございました!


・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

私の中国進出(語学学校経営編)MENU

・‥…━━━★゚+.*・‥…━━━★゚

友達に教える

©失敗?成功?教師辞め中国で経営者に
AX